2023年に参加した初めてのホノルルマラソンを終えて

ライフ
clock

2024.1.5

Fujii

お久しぶりの投稿です!皆さんお元気ですか?
私は相変わらず毎日歩き回ってとっても元気です!フジイです!

今回のブログは、『ホノルルマラソンに参加してきた!』です☆

2023年12月10日、初のマラソン大会を終えてきました!
フルマラソンを走るのは2回目なのですが、大会に出たのは初めてでした!(1回目は42キロってどんな感じ?を知るために、1人で大阪から京都まで走りました...w)

初大会の結果は4時間42分と、平均的な女性のタイムよりも25分早いみたいで、友人や会社の方に話したらびっくりされています!私...頑張りました!

今回はこの「ホノルルマラソン」の魅力について書いていこうと思います!

走っている最中の写真はなぜか1枚もありませんでした...

1. 参加して感じたホノルルマラソンの魅力

① 時間制限がなく、お子様も(7歳以上から)参加可能なところ

一般的なフルマラソンの大会には制限時間や抽選があるのですが、ホノルルマラソンは時間制限や抽選もありません。年齢制限は7歳以上と、とてもエントリーしやすい大会です。とりあえず完走する意思があれば、ベテランなランナーだけでなく、私のように初マラソンの方や、お子さん連れのファミリーでも、みんな参加できます!

② ハワイでマラソンって...なんか楽しそうじゃない?なところ

そもそも「ハワイでマラソン」っていうのが何か楽しそうじゃないですか!
マラソン当日を迎える前後ではしっかりホノルルを満喫できますし、ハワイ旅行をしっかり楽しめるのもおすすめです!

③ 気温が最高なところ

日本でのマラソン大会は冬に開催されることも多いですよね。中学生・高校生の時にあったマラソン大会もめちゃくちゃ寒かった記憶があります。

ホノルルは12月なのに気温が25-27度と暖かい快適な気候です。ゴールした後もゆったりストレッチをしたりできます。完走後も寒さを気にすることがないところも良いポイントです!

④ アロハ!な声援の数々が印象的なところ

ホノルルマラソンは「ハワイ最大のスポーツイベント」となっていて、ハワイ独特の“アロハな感じ”に満ちていて、すごくハートフルなイベントでした!
主催は、ホノルルで活動しているNPO法人/非営利団体の「ホノルルマラソン協会」で、ホノルル市民や約1万人ものボランテイアに支えられて運営されています。

お水を配ってくれる若い学生さんもいますし、乾燥対策にワセリンを配ってくれていた男の子もいました。

大会の当日は、沿道に多くの人々が集まって応援してくれていました!
私が印象に残っている応援団を記載します。

  • アコーディオンやギターの楽器を演奏する方
  • 工夫を凝らしたグッズで声援を送る方(画用紙にマリオのスーパースター︎やキノコを書いてくれていて、タッチしたら、スーパーマリオになれました)
  • 自転車で叫びながら坂を降る若い女の子たち
  • 絶対にハイになっていた若者たちの雄叫び
  • 大好物のチョコレート、ビール等のお酒も配られていた(流石に走りながらのチョコは無理でした)

42.195kmのなが〜いなが〜い道のりも、皆さんの暖かい、そして陽気な応援に励まされて、走っている途中も不思議と笑顔になれました。

↓ 当日の私のスケジュールはこんな感じです ↓

朝3:00 起床
3:30 朝ご飯 and 準備
4:00 スタート地点に向けて出発
4:30 到着 〜 花火が上がったりとワイワイ
5:00 マラソンスタート
5:26 私のマラソンスタート(人が多すぎてスタート地点に辿り着くのに歩いて30分かかりました!びっくり!)
10:09 ゴール

2. 何でマラソンに出ようと思ったの?

私は歩くことは大好きなのですが、実はランニングは好きではないんですね。
それでもマラソンに出た理由は「ホノルルマラソンに出たい母」と「ハワイに旅行に行きたい私」のマッチングが起きたからです︎!

旅行の自粛期間が終わったら1番最初に行く海外旅行はハワイが良い!と決めていたので、その話を母にしたら「一緒に行っちゃう〜?」とノリノリの返事が来ました!

となると...「ホノルルマラソンもエントリーしちゃう〜?」という話になり、トントン拍子に行くことが決まりました!

3. 実際走ってどうだった?

42.195キロと聞くと、とてつもなく長い距離に思えますが(実際にめちゃくちゃ長いです)ハワイの素晴らしい景色を眺めながら走っているとあっという間の時間でした!(実際はあんまり景色見る余裕なかったけど…)


走り終えて数週間経ってみても思いますが、また絶対に参加します!
2024年もエントリーするぞ!

走りながら見える海、山、日の出、どれもすごく素敵でした。スタートして直ぐは余裕もあったようで、何枚か写真を撮っていました!

スタートして1時間30分頃の朝日

この日はハイウェイも封鎖されていて「そもそもハイウェイ走ってたんや!」と気づいて撮影した1枚です。

29km地点のハイウェイでの1枚

どんだけしんどくても側道にいる人々の声援が本当にあったかくて、めちゃくちゃパワーもらえました。
朝5時スタートで制限時間がないので、一体何時間応援してくれていたんでしょうか...。

たくさんの人の支えがあって、成り立っているイベントなんだと改めて実感しました。

35キロ地点と38キロ地点ぐらいでちょこっと歩きましたが、何とかゴールしました!
ゴールの時に名前を呼んでくれたのが嬉しかったです。

メダルも無事にもらって、Tシャツももらって、マラサダももらって、バナナももらって、大満足です!

完走して金メダルをもらいました!

最後まで走り切れたことで自信にも繋がりました!

4. 次の目標

冒頭にもお伝えしましたが、私にとって初のマラソン大会でした。

「何分以内で走りたい!」という目標を掲げておらず、まず完走すること・できればこのぐらいで走りたいな〜という気持ちで走りました。

実際に終わってみたら走り切れること「今の自分だとこのぐらいなのか」ということを知ることができました。

株式会社オークンでは、致知出版社の冊子を用いた社内木鶏会という勉強会(記事を読んだ上での感想をグループ内で共有し、お互いの意見を伝え合う)を実施しています。


今月の読んだ記事の中で私が印象に残っているのが、慶應義塾高等学校の野球部、森林貴彦監督が仰っていた言葉です。

何かを達成してそこで満足してしまうと、怠なまけになってしまいます。

だけど、まだまだこんなことができるようになりたい、と成長したい気持ちが強ければ、怠けている場合ではなくなります。

そうした向上心、成長意欲さえ失わなければ、敬が怠に勝つ毎日を積み重ねていけると思うんです。

何が言いたいかと言いますと、、、「私もまだまだ走り足らないのではないか?」ということで、2024年の目標ができました!

2024年もフルマラソンの大会に出て、「4時間30分以内で走り切る」ことを目標とします!

4時間30分を切ることが出来れば、次は4時間以内を目指して頑張りたいです!
月間150km以上のランニングをすれば、目標達成できるかなと思ってます。

月間150km...地道に頑張ります!

いきなり150kmを走れるとは思っていないので、目標達成できるように自分との戦いを続ける1年にしたいなと思っています!

手始めに...3月に京都嵐山で行われるハーフマラソンにエントリーしました!3月に向けてコツコツ練習も頑張ります。

2023年もこんなに頑張って動いてくれた自分の身体に何よりも感謝して、これからもよろしくね!という気持ちで2024年も毎日動き回ります!今後ともよろしくお願いします。

最後に...

今回のハワイ旅行は母と一緒に行ったのですが、母が人生で一度は参加したいと言っていたホノルルマラソンに一緒に参加できたことが何よりも嬉しかったです。また素敵な人生の思い出が増えました☆

長いお休みをいただき、オークンの皆さんにはいつも感謝でいっぱいです!

このようなフレキシブルな働き方ができるオークンだからこそ、業務のことを忘れて思いっきりエンジョイできた旅行になりました!

「仕事も遊びも全力」なオークンの素晴らしさをプライベートでも活かして行きたいと思います!

ワイキキビーチ!

カテゴリー

最新の記事

2023年に参加した初めてのホノルルマラソンを終えて

2024.1.5

2023年の振り返りと2024年の展望について

2024.1.4

会社で運動会をやったら予想以上に盛り上がった

2024.1.4

【仕事って何?】過去の自分が抱えていた疑問に対する、現在の自分からのアンサー

2023.12.25

オークン"らしい"YouTubeチャンネル運用

2023.12.25

CONTACT

お問い合わせはこちらから。