オークンでバイトをしてよかったと思う3つのこと

お久しぶりです!

こうきです!
4月から就職するので、3月でオークンでの初代バイトリーダーとしての座を卒業することになりました。
せっかくなので、オークンでの9ヶ月間で学んだ事、良かった事をまとめてみようと思います。


実は、以前(8ヶ月くらい前)のブログに似たような内容を書いていました。。。
↓バイトを始めて1ヶ月目の記事

プログラミングど素人が1ヶ月間バイトをしてよかったと思う3つのこと

以前のブログの内容をまとめると、

1)完成形から逆算して課題を高速で解決する(しないといけない)こうき

2)ロジカルシンキングが嫌でも身につく

3)GDPに貢献できる

というメリットがある、という話でした。


 

今回の内容とも重なる部分があるのですが、
オークンでバイトをして良かったなということを3つにまとめてみました!

1)プログラミングを最初から勉強できる!

2)プログラミング以外のこともなんでも関われる

3)今後の人生に影響がある(※個人差があります)

1)プログラミングを最初から勉強できる!!

1つ目は、当然ですが、プログラミングについてです。
JAVAやPHPという言葉を聞いたことがなかった僕でも、基礎から学ぶことが出来ます。

もちろん、ネットで調べながらでも学ぶことは出来るのですが、
本当に未経験の人が手探りで習得していくことはおすすめしません。

なぜかと言うと、
ど素人の僕がネットで調べようとしても、
そもそも「どこがわかっていないのか」「何を調べればいいのか」がわからなかったからです!

何が言いたいかと言うと、少し進むのに膨大な時間がかかってしまうということです!

僕がオークンでバイトをしていて良かったと思うことは、エンジニアの先輩が周りにいて、
わからないことがあれば教えてくれるということです。

 

ちなみにですが、本当に最初の頃の、わからないことが特に多かった時に気にしていたことは、質問の仕方です。

基本的に質問する場合は、UDさんしゅんたろさんに話しかけることが多かったのですが、
本当に忙しそうにしている時に僕のしょうもない(自分でも質問のレベルが高くない程度はわかる)質問で時間を割かせることが申し訳なく思いました。

そこで、
①質問する前にネットで一通り調べる。
②わからない内容(現在の状況も!)を言語化する。
③声をかける時に、「○○でわからないことがあるのですが、今お時間頂けますか?」と聞く。
ことを心がけていました。文章にしてみると普通のことでした。

こうすることで、
①自分のわからないことを言語化する練習になり、一人でネットで調べやすくなる。
②だいたいは、すぐに見てもらえるか、「数分待って」となる。

他のシステム開発の会社をよく知らないのですが、
大阪の大学生でプログラミングでバイトをしたいのであれば、オークンに電話をかけて見てください。

 

2)プログラミング以外のこともなんでも関われる

オークンでは、不定期(だいたい1〜2ヶ月に一回くらい)に、山下さんとの個人面談があります。
人によって内容が同じかどうかはわかりません(僕は大学生活の話とかもしていました)が、
主には、最近の振り返りと今後のやりたいことを話す機会になるかと思います。

だいたい4ヶ月くらいプログラミングをしていた頃、
プログラミング以外のこと(打ち合わせなど)にも関わりたいと伝えたことがありました。

しばらくすると、段々とプログラミング以外のことにも関わる機会が増えてきました。
最後の方は、プログラミングよりもそれ以外のことをしている方が多かった気がします。

打ち合わせ
プレゼンテーション資料作成
業界・企業調査
海外出張時に現地のコーディネーターへコーディネート依頼(後日、私用の卒業旅行でアメリカに行った時に実際に会いました。)

とにかく色々経験出来ました。

僕はやったことがないことをするのが好きなタイプだったので、基本的になんでもやっていましたが、
逆にプログラミングをもっと上達したいという人は、
面談でも普段話す時でもいいので、自分の考えを伝えるとプログラミング上級コースへ進むことが出来ると思います!

3)今後の人生に影響がある(※個人差があります)

最後に、もう少し幅広く捉えた時の良かったと思うことを述べます。

ざっくり言うと、

・共感できる考え方を持つ仲間ができる。
・楽しく働いている社会人のロールモデルが見つかる。

こんな感じです。

システム開発の新しい会社なので、会社の考え方は古臭くないですし、新しい情報にも常にアンテナを貼っています。
slack(社内用チャットアプリ)にも面白そうな情報を共有するグループがあったりします。

また、僕の場合(基本的に全員)は、社外の人とも関わる機会がありました。
社内外を問わず、よく関わる人は、仕事を楽しんでいる人が多いです。

新しいことを追い求める姿勢を身につけ、仕事を楽しむことができる環境と関わることが出来たことには、大きな影響を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうき

プログラミング完全未経験の現阪大生。就職先はプログラミングが全く関係ないのにも関わらず、よく分からないベンチャーで働きたいという変態。見た目は13才。