育児って、どんな仕事よりも難しい

こんにちは、peroです。
だいぶお久しぶりになってしまいました。

2017年7月23日に無事男の子を出産しました。

たくさんの方に「おめでとう」と言っていただいて、久しぶりに会う友達も赤ちゃんを見に来てくれたりして、嬉しい限りでした。
そんな時、いろんな人に言われました。

「育児って大変よー」
「これからが大変になるね」
「大変だと思うけど、育児頑張ってね」

きっと一生分の”大変”を聞いた気がします。笑

それから、約5ヶ月ほど当然のごとく毎日毎日赤ちゃんと共に過ごしているわけですが…私は思います。

”大変”っていうか・・・”難しい”

とにかく難しい。難易度高。
当然ながら赤ちゃんは、泣くだけで自分の感情を表します。

ー痛くても泣く。
ー眠くても泣く。
ー痒くても泣く。
ー寂しくても泣く。
ーお腹が空いても泣く。

そして、器用なことに少しずつ泣き方を変えてきます。
意思疎通ができないってこんなにももどかしいのか…と心が折れそうになる時もあります。笑

伝えたいことを”泣く”ことで表現する赤ちゃんに向き合ってその原因を解消してあげる育児こそ、私が今までしてきた数々のお仕事よりも難しい気がしています。

しかし、やはり我が子は可愛いです。
今は、自分のことよりもどんなことよりも優先して考える存在になりました。
毎日一緒にいてもまだまだ我が子の感情表現に「?」が浮かぶ時もありますが、赤ちゃんの驚異的成長スピードに私も便乗して、ママとして、そしてまた人間として成長したいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pero

福井県出身のスーパーキャリアウーマン。全世界で最も仕事が早くクオリティが高いため、産まれて間もない赤ん坊を子育てしながら片手間でプログラミングが出来る。