革命のファンファーレを読んで、僕の常識がアップデートされた

常識のアップデートという言い回しは「革命のファンファーレ」からの引用です。

僕はよく代表から本をお借りします。

今回はこれ。

革命のファンファーレ。

ずっと読みたいとは思ってて、会社の本棚にあるのを見つけてしまったので、拝借しました。

「買えよ」って声が飛んできそうですが、ちゃんと読んでみてよかった本は買っています。

以前は代表に魔法のコンパスを拝借し、購入してうちにあります。

本を読むのが苦手ですが、習慣として週に2冊は読んでいこうと思います。続けます。継続。

努力量が足りていない努力は努力ではない。
誤まった努力もまた努力ではない。

西野さんは色々伝えたい箇所があったと思います。

信用持ちのところとか

絵本の売る仕掛けとか

しるし書店のこととか

おそらくメインなところはここじゃないんだろうけど自分が一番考えさせられたのはここでした。

よく頑張ったと思っていても結局それは自己満足であり、結果が全て。

自分なりにこの言葉を解釈。

努力量が足りていない努力は努力ではない。

頑張ったのにだめだった。

運が悪かった。

タイミングが悪かった。

何かのせいにしてましまいがち。

でもそうじゃなくて、

それも全てひっくるめて自分の努力が足りないのだと考えるべき。

そして、そう考えないとこれもまた無駄な努力になってしまう。

次にも進めない。

結果が出るまで努力することが必要。

誤まった努力もまた、努力ではない。

また、誤まった努力も努力ではない。

自分がやっていることが本当に間違っていないか疑うことに時間を割くことが重要で

それをサボるなって書いてある。

特に野球をしていた時は、誰よりも努力していたつもりだったが結果でないことも結構あった。

でも多分それは努力が足りてなかったり、間違ったことをしていたのだと思う。

一生念じて精進しよう。

僕の常識はアップデートされた。

p.s

ちなみにインスタで革命のファンファーレをタグ付けしたらいいねすると書いていたが、まだされていないので気長に待ってみようと思ったら、数分後にいいねされてた笑さすがのエゴサーチ。

本の内容の通り、広告させられてます。

本当に勉強になるので、おすすめです。

あなたの常識をアップデートしてください。

ご購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です