獣のようなチカラ

こんにちはUDです!

 

先日マカオ旅行の際に一人
City of Dreamsへ行き

THE HOUSE of DANCING WATER


というショーを観てきた私ですが、

 

 

8月後半、東京に
フエルサ・ブルータ
を観に行きます!!

 

常識と重力を凌駕する
究極の体験型エンターテイメント
ということで、
どんな体験が待っているのか今から楽しみです。

 

少し、調べてみた所
クリエイター/芸術監督のディキ・ジェイムズ氏のインタビューで、フエルサ・ブルータについて次のように説明されています。

「フエルサ・ブルータは獣のようなチカラという意味があり、身体から出てくる本能や感情を表している。」
「アルゼンチンの文化で、お祭りにみんなが行くと、あまりにも嬉しくなって何かを壊したいという気持ちにもなってしまう。あまりにハッピーだから何もかもを壊してしまいたい!!!という気持ちに。」
「アルゼンチンではこれをフエルサ・ブルータと呼ぶんです。」

ディキ・ジェイムズ氏も「特別な文化かもしれません」と話しているように、
日本人には未知の文化・感情表現をエンターテイメントとして作り上げている事で
新しいエンターテイメントとして注目されているのかなと思います。

 

私も来月、友人たちとフエルサ・ブルータして、
良い意味で常識を打ち破って行ける人間になりたいと思います!!

 

 

フエルサ・ブルータについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

UD

熊本県出身のシステムエンジニア 兼イベンター。映画鑑賞とミュージカルをこよなく愛するため、彼のイベントでは映画にまつわることが多い。