面接で聞かれる質問について考えてみた(前篇)

こんにちは。山下です。

 

久しぶりに熊本県の実家へ帰省しました。

天気は快晴、気温は34度。

 

真夏の田舎に帰省すると、幼稚園の頃に祖父と一緒に駄菓子屋へ行ってた事を思い出します。

 

 

ついでに私の母校である熊本大学にも足を運んでみました。

祝日なのにも関わらず、大学生がたくさんいます。

 

震災の影響で補修工事が行われているようです。

 

 

学食も大変賑わっています。

 

 

せっかくなので、私も10年振りに学食で食事をいただきました。

 

横の机に座っていた大学生が「就職活動対策・面接マニュアル」という本を読んでいたのですが、

ふと自分の就職活動を思い出しました。

 

あなたも一度くらいは面接の経験をされていますよね?

バイトの面接、資格や受験の面接、就職活動の面接、、、

 

私は卒業するギリギリに1度だけしか就職活動を行っておりませんが、

周りの同級生は次々と大手企業やら金融機関やら受けまくっていたのを覚えています。

 

200社くらいエントリーシートを書いた!という人もいました。

 

 

合格した同級生は、

 

「新卒は大事なカードだから」

「内定3社取った」

「これで将来は安泰」

「初任給が高いからね」

「ボーナスは◯◯万もらえる!」

 

とすごく喜んでいましたし、「就職活動しなくて大丈夫?」と心配されたこともあります。

 

 

ただ、どのような仕事をするのか聞いても「最初は総合職で〜」と言っていて、

みんなよく分かっていないようでした。

 

 

よく分かっていないが、周りがやってるから焦っていて早く安心したい人」が多い印象でした。

 

中には自分が志す深い信念をもって就職活動に勤めてた人もいると思いますが、

かなり少数派だったように思います。

 

 

そりゃそうですよね。

大学の時に自分がやりたい仕事が見つからないのは、ほとんどやった事がないから。

 

何も知らない状態でリクナビに登録してエントリーシートを書きまくっている光景は狂気すら覚えます。

 

 

話を戻しますが、面接で聞かれることってナンセンスな事をどこも聞いてきたりしますよね。

あれって何ででしょうかね?

 

 

あなたの強みを当社でどのように生かせますか。

あなたが入ることによって、当社は何が変わりますか。

当社の強みや事業戦略についてどのように考えていますか。

・・・
 

 

 

 

「知らんがな」

 

 

ってなりません?

 

 

もちろん現時点での予測を説明することは出来ますが、

やってもないことを色々と質問してくる事が無駄だと思ってしまいます。

 

 

 

あげくの果てにこんな質問も来ます。

 

 

一生、当社で働きたいと考えていますか。

・・・

 

 

 

「一生って何?100%知らんがな」

 

 

となるため、

 

 

最後に何か質問はありますか。

 

とフリが来ると、

 

 

「なぜこんな質問をしているのですか?」

 

 

とツッコミを入れたくなってしまうわけです。

 

 

 

未来を予測して行動することは凄く大事なのですが、

 

「予測してリスクを察知して何もしない」

より

ある程度予測したらさっさとやって成功 or 失敗する

方が何倍も良いです。

 

 

なので、

 

あなたの強みを当社でどのように生かせるか。

を知りたいので、今日から1週間勤務してみてください。

 

あなたが入ることによって、当社は何が変わりますか。

を知りたいので、今日から1週間勤務してみてください。

 

当社の強みや事業戦略についてどのように考えていますか。

を知りたいので、今日から1週間勤務してみてください。

 

の方が早いわけです。

 

 

ただそうなると全員勤務させることになってしまうので、それはそれで困る方はこれらの質問をしない方が良いと思うのです。

 

 

じゃあ面接で何を聞くんだよお前は!って声が聞こえてきましたね。

はい、答えましょう。

 

 

ただ今回は少し長くなってしまったので次回の掲載にします。

 

 

面接で聞かれる質問について考えてみた(後篇)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山下

福岡県出身の会社代表。何かを思いついた後の行動力は高いが、ほとんどのことが見切り発車なため周りのサポート無しではただの暴走おじさん。趣味は読書と旅行。