福岡オフィスの軌跡とこれからの展望について

どうもしゅんたろです!

この度、3年間の福岡オフィス勤務を終え、昨日1/24からの東京オフィスの開設に伴い再度オフィスの立ち上げを務めることになりました。

福岡における3年間の振り返りと、東京オフィスでの今後の展望について書かせていただきます。

福岡オフィスの振り返り

3年前の福岡立ち上げ当初を振り返ると、こんな感じでした。

  • チーム開発が初めてなのに、いきなりマネジメントをする
  • コーディングとマネジメントを同時に行い、キャパを超える
  • 複数プロジェクトが同時に走り、うまく回らない
  • ヘルプを出すタイミングが分からず、全体に迷惑をかける

非常に散々な状況です。
それでもなんとか目の前の事をがむしゃらに頑張ってました。

2年目3年目と年を重ねるごとに少しずつ円滑になってきたことを覚えています。

色んなプロジェクトを進めながら、新しい開発手法にも慣れ、僕もメンバーも成長し、チームで一緒に成長していく貴重な時間を過ごすことができました。

3年目には、少しずつ僕自身が手を空けられるようになってきました。

福岡オフィスでの施策

福岡オフィス内に取り入れた施策として、良かったことを2つ載せておきます。

フィードバックミーティング

メンバー全方向からフィードバックを行うミーティングのこと(Netflix のNO RULES参考)。このミーティング内では、立場の上下関係なく、当人のために必要なことであれば、遠慮なく伝えるというルールです。自分では普段気づけない多くの気づきがあり、とても刺激になりました。

ランチミーティング

会議室でランチの時間に行うミーティングです。僕が話すだけでなく、メンバー全員が「仕事をする上で大切にしていること」「今年の目標」など、さまざまなテーマに沿って発表し、議論します。自分の考えの整理や、他の人の考えからインスピレーションをもらい新しい発見に繋がるなど、多くの効果がありました。

以下の福岡オフィスの3つの行動指針も、このランチミーティングから生まれました。

福岡での感想

色々やってはみましたが、結論としては、

目の前のことを全力でやり抜いた結果、ふと振り返るとチームとして良い状態になっていた

というのが本音です。

オフィスを良くするために特に何かできたかというと、そんなに大したことはできていません。

弊社の代表から

チームのメンバーが成長しないと感じる時があれば、それは自分が成長していないからだ

と教えてもらっていましたが、まさにその通りだと身をもって実感しております。

この3年間で少しは成長できたのではないかと思っています。

また、最近

企業業績と経営者の全人格はイコールだ。会社の業績はあなたの全人格のそれ以上でもそれ以下でもない。

といった京セラの稲盛和夫さんの言葉も教えていただき、福岡オフィスを評価いただけて、改めて自信を持つこともできました。

もちろん色々とアドバイスいただいた大阪の方々、一緒に頑張ってくれた福岡の方々のおかげです。

これからの展望

今後の福岡オフィスはどうなっていくのか、不安と期待が半々ですが、今よりもさらに良くなっていくことを期待しています!

東京オフィスも、自信を持って、ただこれまで以上に挑戦する気持ちを持って、素晴らしいオフィスにして参ります。

総じて今年は3つを目標として、走り抜けます!

  • 東京で5人以上のメンバーが活躍する
  • 福岡メンバーでプロジェクト全てを任せられる人2人以上育てる
  • 東京も僕がいなくても、任せらせる状態にする

これから福岡、東京ともに、今後ともご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪大学に在学中、大学院に行くか企業に就職するかで悩んで、よく分からないベンチャーに飛び込んでしまう。東京オフィスの支店長としてサーフィンとゴルフをしながらプログラミングする。好きなことはスポーツ観戦。