初めての育児で感じたこと

こんにちはNobuです。

私は自社プロダクトのトレードシステム開発で売買プログラムの実装などを行っています。

私事ながら、7月に長女が誕生しました!

今回は約5ヶ月間の育児で感じたことを記したいと思います。

世の中の子育て世帯への尊敬

長女が生まれてからは、ほぼリモートワークをさせて頂いており

妻と協力してなんとか育児と両立できている状態です。

2人がかりでやっとこなせる育児を普段からされている子育て世帯は凄いと気付きました。本当に尊敬です。

日々子供の成長を実感

ものを掴めるようになった、突然寝返りを初めた等、

昨日までできなかったことが次々とでき、子供の成長に驚くことばかりです。

これからも成長を続ける子供を信じて、陰ながら応援し続ける、そんな親でありたいと思います。

自分も成長できた

これまでを振り返って自分が成長できたのは、無理難題な状況を自力で克服したときだと感じます。

例えば、異業種からエンジニアに転職して初めて実装タスクを担当した際は、何から手をつけてよいか分からず半泣きになりましたが、

必死に食らいついてタスクをこなしていく内に、実力と自信がついていきました。

育児はもっと大変で、理不尽の連続です。突然泣き出して泣き止まない、全然寝てくれない等、初め1,2ヶ月はおかしくなりそうでした。 

しかし、そんな状況にも耐えながら育児をこなす中で精神が鍛えられ、並大抵のことでは動じないようになった気がします。

成長の機会をくれた娘に感謝。

子育てしやすい環境に感謝

オークンでは柔軟な働き方を認めており、

  • リモートワーク可
  • 保育園の迎えのため、勤務時間を1時間前倒しにする
  • 子供のイベントのため、平日休みをとって代わりに休日に働く(もちろん有給でもOK)

といった働き方が可能です。

さらに最近お子さんが生まれた社員も多く、色々と相談もしやすいので

オークンは仕事と育児とを両立しやすい環境かと思います!

恵まれた職場環境に感謝しつつ、

これからも仕事と育児の両方、全力で頑張っていきたいと思います!

オークンでは、エンジニアを募集しています。

今回の記事を読んで興味が湧いた方は以下求人記事よりご連絡ください!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口県出身のシステムエンジニア。予想の3倍早く成果をあげるハイパフォーマンスな仕事振りで、入社3ヶ月でチームリーダーに抜擢。ジム通いを欠かさず健康には自信がある。