ヘッジファンド向けのトレードシステム開発はここが面白い!

はじめましてNobuです。

今回は私がオークンで携わっているヘッジファンド向けのトレードシステム開発についてご紹介させていただきます!

オークンではトレードシステム開発のエンジニアを募集しています。

2020年の7月に入社してから約半年間、このプロジェクトに携わらせて頂きました。

本記事では、

  • プロジェクトの概要
  • 具体的な業務内容
  • プロジェクトの面白さ

についてご紹介したいとおもいます。

自己紹介

今回が私の初投稿なので、はじめに経歴を軽く紹介させていただきます!

1993年生まれ。
大学院を卒業後、大阪の大手電機メーカーに機械エンジニアとして入社。
入社から2年半後、より多くのものづくりをしたいという思いから、思い切ってソフトウェアエンジニアへの転身を決意。
別会社でシステム開発の経験を積んだ後、2020年7月にオークン入社。

プロジェクト概要

オークンで取り組んでいるトレードシステムは、オークン初の自社開発システムで、

株や為替等の金融商品を対象とした、自動取引システムです。

既存の自動取引システムは過去のビッグデータに対して機械学習による解析をするものが多いですが、過去データの解析をベースとしたシステムでは、実際のトレードが過去データと挙動が違った際にその原因を説明できません。

私たちのシステムは人間の行動心理に基づいた普遍的なトレードロジックにより売買を行います。

オークンにはプロのトレーダーが在籍しており、彼は実際にそのロジックでトレードを続けてきています。

ロジックが普遍的であるため、過去のデータとは全く関係なくトレードすることができ、

更には、株であれば日本株、米国株等、マーケットを問わずトレードできたりと応用が効くのです。

具体的な業務内容

私はトレードシステムのバックエンド開発を担当しており、主な業務は以下です。

トレードロジックをシステムに落とし込む

トレーダーが考案したロジックを元に、私たちエンジニアが設計しコーディングしていきます。

ただし、そのためには以下が求められます。

  • 複雑なロジックを原理原則から正しく理解すること
  • ミスがないよう、シンプル且つ丁寧にコーディングすること
  • 金融知識を学び、あらゆる疑問を徹底的に追求すること

これらは大変ですが実際にトレード機能ができた際の喜びは大きいです。

私は元々ものづくりが好きだったので、形が出来上がる瞬間は、やはり楽しいですね。

実装したシステムを扱い、売買シミュレーションを行う

売買ロジックをシステムに落とし込んだ後は、実際に株価データを使って売買シミュレーションを行います。

時には過去30年分の株価データを使ってシミュレーションすることもあり、
高性能なPC (MacBook pro, メモリ32GB) でも計算に2,3日かかったりもします。

処理が早くなるよう計算の工夫、コーディングの工夫が必須です。

また、シミュレーション結果が現れたら、その結果が妥当かどうかを様々なトレード指標をもって分析していきます。

シミュレーション結果が妥当でさらに良いリターン(利益)と分かると非常に嬉しいですね!

プロジェクトの面白さ

ここからはプロジェクトに参画して半年たった私が思う、
本プロジェクトの面白さを紹介していきます!

学ぶこと、考えること

このプロジェクトは学ぶことが本当に多いです。

  • Pythonの知識(金融系、数値計算系のライブラリ)
  • トレードの知識(トレードロジックの原理、専門用語、金融市場)
  • トレードシステムの知識(各シミュレーション方法)

次から次へと新しいことが現れて、学ぶのが大変ですが、1つ1つ知識が身についていくのが楽しいです。

そして考えなくてはならないことも非常に多いです。

  • トレードの分析(なぜ上手くいっているのか。よりよくするためには何が必要か)
  • トレードロジックの背景
  • コーディングの工夫(複雑なロジックをいかにシンプルに表現するか、いかに計算を早くするか)

日によってはコーディングするよりも考える時間のほうが多かったりもします。

入社間もない頃は全く未知の分野で覚えることに必死で、考える余裕もなかったのですが、知識がついた今は考えを巡らせられるようになりました。

1つ1つ丁寧に考えていけば、必ず正解に辿り着くことができます。この瞬間がたまらなく楽しいです。

工夫できること

オークンでは「楽しく働く」ために各人が裁量をもつことを認めています。

裁量があるため、色々と工夫することができます。
工夫して結果が現れると、仕事って楽しく感じますよね。

実際に、主要な売買ロジックの1つについて、入社したての私に設計から実装まで任せて頂け、その中で以下のような工夫を試み、実現することができました。

  • より計算を早くするための工夫
  • よりわかりやすいコードを書くための工夫
  • よりトレードのパフォーマンスを上げるための工夫

裁量があるということは当然責任もありますので、プレッシャーもありますが、実際に自分が施した工夫が実現した際は嬉しいですし、自分の成長も実感でき、非常にやりがいを感じます。

これからも楽しみながら開発に取り組んでいきたいと思います!

トレードシステムはまだまだ開発途中で、実現したい機能が多く残っています。

オークンでは、トレードシステム開発のエンジニアを募集しています。

今回の記事を読んで興味が湧いた方は以下求人記事よりご連絡ください!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口県出身のシステムエンジニア。予想の3倍早く成果をあげるハイパフォーマンスな仕事振りで、入社3ヶ月でチームリーダーに抜擢。ジム通いを欠かさず健康には自信がある。