欲しいと思ったら、空間を先に作るべき

こんにちは、山下です。
少し前にはなりますが、株式会社オークンの福岡オフィスへ「しゅんたろ」が引っ越しました。

居心地の良かった関西を離れて、何もかもがゼロからの挑戦ですね。
まだまだ少ない人数ですが、もっといろんな人が集まってくる場所にしたいと思ってます。

 

さて、今回の福岡オフィスでも実践していることですが、
事務所(空間)を先に作ってしまうことは、非常に重要なのかなと思います。

場所があるから人が集まることが出来る、のは当然なのですが、
実は全ての物事に当てはまってると思ってます。

財布の中がレシートやポイントカードでパンパンになっている人は、
その中に新しいお金が入って来なかったり。

不要なものだらけの部屋は、新しいものが入ってこなかったり。

物で溢れているオフィスには、人が寄り付かなかったり。

仕事を抱えこんでる人には、新しい仕事のチャンスが入ってこなかったり。

人間には「見えないパラメーター」みたいなものが存在していて、
個人個人に上限値が設定されていると思っています。

RPGのように、いくらまでお金を持てるかという最大値だったり、
アイテムを持てる個数だったり、
仲間に出来るパーティーの数だったり、
それらを借りることが出来る上限値だったり。

もちろんゲームと一緒で経験値を積むことで上限値がアップしていくのですが、徐々にしか上がっていきません。

一気に上限値を上げるのは難しいので、
今持っている不要なものを捨てること、今やっている不要なことを辞めることが凄く重要になります。

断捨離ってやつですね。

僕は会社を設立する前に、タバコを辞めました。
設立当初は売上も無く、従業員の給料を払うことが最優先だったので、不要なお金と判断して捨てました。

たったそれだけですが、そこから僕の人生は大きく変わりました。

 

あなたがずっと大切にしているもの、それって本当に大切でしょうか?

一度見直してみるだけで、びっくりするほど世界が広がりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山下

福岡県出身の会社代表。何かを思いついた後の行動力は高いが、ほとんどのことが見切り発車なため周りのサポート無しではただの暴走おじさん。趣味は読書と旅行。