「会社があるから」で予定をキャンセルされた話

こんにちは、山下です。

僕は23歳~25歳の3年間、システム開発会社でサラリーマンとして働いていました。

3年間務めて退職したのですが、僕の同期は今年で10年目だそうです。

 

先月、久しぶりに同期の1人から連絡がありました。

将来的に独立したいと言っている男性の新入社員がいるそうで、山下の話をすると是非一度会いたいとの事。

もちろんOKなので、連絡先を交換しました。

 

LINEでやり取りして、

「平日は会社があるので、土日にお会いしたい」と言われたので、指定された土曜日を空けていました。

 

しかし、約束の1週間前くらいに

 

お会いする日が出勤日になってしまい、伺えそうにありません。

申し訳ありません。後日にリスケしていただけないでしょうか?

 

と連絡が来ました。

 

それに対して、

その日は前々から予定を空けてます。

こちらの予定を変更するのではなく、そちらの出勤日を変更してもらえますか?

後から入った予定の方を優先するのであれば、僕も時間を取りません。

と返信しました。

 

すると、

申し訳ありません。出勤日の変更はできません。

この度はお時間をいただいたのに伺えず申し訳ありません。

と返事が来ました。。。

 

なんか誘われたのにフラれた感じになってますね。

ここ数年、こんな形で予定をキャンセルされたことは無かったので斬新でした。

いろいろと突っ込む所はありますが、せっかくなんで分析してみましょう。

 

 

①「お会いする日が出勤日になってしまい、伺えそうにありません。」

いやいや、最初に予定を入れてるのに、後からの予定を優先するって何?!

どうしても断らないといけない理由(病気とか事故とか)なら分かるけど、会社の出勤日って何?!

自分の都合で土曜日に合わせてるなら、出勤日になる前に、会社に既に予定があることを伝えたら?!

というか「出勤日」って言葉、何?!

今まで知らなかったけど、そんなに強い呪文?!

出勤日だったら、優先順位が一瞬でMAXになって、他の予定は全部キャンセルしてるって事!?

 

「出勤日」という言葉は最強

 

 

②「後日にリスケしていただけないでしょうか?」

いや、だから!!

これ別の日に変更した場合でも、その日がまた出勤日になったらどーするの?!

君とのアポイントは、今後も全て不確実な状態だし、必殺「出勤日」の呪文で再度キャンセルされる可能性があるってこと!?

というか、いつの間にか圧倒的にそっちの立場が有利な状態になってない!?

僕がそっちに合わせて行くスタイルに、いつの間にかすり変わってない!?

全然こっちは会わなくていいんだけど、むしろ何か会いたくなってきたよ!笑

 

リスケしても「出勤日」であれば、再度リスケが出来る

 

③「申し訳ありません。出勤日の変更はできません。」

もうこれ、①と②の完全なる証明だよね!

あとやっぱり何かフラれた感じになってるよね!

「出勤日」は一度発動した場合、絶対に覆ることが無いことが証明されました。

 

 

自身で発動した場合でも「出勤日」はキャンセル・変更が一切できない

 

まとめ

彼が本当に独立したいと思っている場合、自分自身の思考で行動することが最も重要かと思います。

「出社しろ!」に、反射神経で「出社しなきゃ!」ってなるのは問題です。

自分自身で考えて、予定を蹴ってまで出勤することを自身で選択したなら良いと思います。

グダグタと書きましたが、そもそも僕自身がアポイントをキャンセルしても問題ない人、と思われているのが問題ですね。これが孫正義さんとのアポイントだったら、彼は会社を爆破してでも来てた気もします。

彼にとっても、もっと重要な人物になれるように日々精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山下

福岡県出身の会社代表。何かを思いついた後の行動力は高いが、ほとんどのことが見切り発車なため周りのサポート無しではただの暴走おじさん。趣味は読書と旅行。